納骨堂「慈海無量~慈しみの海」

愛知県蒲郡 真如寺納骨堂 新しいお墓スタイル どなたでも申込み可能

平成30年春 真如寺納骨堂修繕工事終了

ご先祖供養(ご先祖守り、墓守り)の形態も時代と共に変化してきていると考えます。しかしながらご先祖様への感謝の気持ちは変わらないと思います。真如寺では、昔からお骨を安置する納骨堂とお位牌を安置する位牌堂が本堂内に併設されております。本堂の老朽化もあり、現在本堂全体の修繕を毎年進めております。昨年より、この納骨堂の修繕工事が始まり、平成30年春に修繕工事終了予定となります。当寺院檀家、また檀家以外の方のご利用も多くございます。どなたでもお申込み、ご利用いただくことができる時代にあったお墓、それが納骨堂となります。墓地を購入(分譲永代使用)し、お墓を建立するとなると、少なくとも100万以上の費用が必要です。この地域でも150万~200万位は必要と思われます。

核家族化が進み、また当家を代々継承することができないご家族も増えており永代供養とし信頼できるお寺に先祖供養を託すという選択をする方もおります。今後どのような世の中(経済的)になるのか、お墓を建立しても代々守る継承者がいるのかなど不安はつきものです。そのような不安よりも、ご先祖様を大切にするというお気持ちが重要です。

真如寺納骨堂はどなたでもお申込み可能です。以前の宗旨宗派などは問いません。またお墓としての納骨堂(個人~ご家族)、また永代供養納骨堂としてもご利用可能です。

平成30年春の修繕工事完了予定となります。事前のお問合せやご相談も受付しておりますのでお気軽にご連絡ください。各種ご相談や見学などは事前の予約制となります。お電話またはメールフォームよりご連絡お願い致します。

永代供養相談・見学予約

関連項目